太陽光発電 安く買うならシャープ製

MENU

太陽光発電 安く買うなら「シャープ」

 

「広い屋根なら他社よりも数百万円単位で安くなることもあるのがシャープです」

 

太陽光発電メーカーにおいて発電面積が広い場合はそのメーカーの特徴からシャープが最も適していると昔から言われることがとても多いです。

 

シャープは発電効率においては他のライバル会社より弱い場合がありますが、広い屋根を持ち発電面積を広く取れるような一軒家や、広いフラットな屋上を持つ家は低い予算であっても太陽光発電システムを組みやすくなります。発電面積を広く取れる場合は発電効率に強みがある旧三洋(現パナソニック)などよりも数百万円単位で安く予算を組むことができます。

 

また、太陽光発電の製造元であるシャープ本体の工場においても全国各地の工場の屋上で太陽光発電システムを組んでいます。シャープ葛城工場やシャープ多気工場においては200kW弱といった大規模な太陽光発電容量を保有しています。また、液晶パネル工場で有名な亀山工場においては5,200kWといった大規模な太陽光発電容量を持っています。

 

シャープの太陽光発電システムを組んで効果的な屋根は一軒家の間取りで言えば4LDK以上の間取りを持っているご家庭から効果を発揮しやすい傾向があります。シャープの太陽光発電システムを組むことができれば「大きな家を持って良かった」と心から思いそのメリットを感じることができると思います。

 

シャープのデメリットとしては発電効率が低いので、思ったより助成金をもらう金額が他社より少ないと思われるかもしれませんが、必要分の太陽光発電システムを組めれば一般家庭としては十分ですので、助成金はボーナスのような感覚でとらえとくと良いかと思います。

 

太陽光発電安く買うならネットで比較

 

太陽光発電を安く買うためにもまずインターネット上のページを使うことは価格比較をする上でとても良い方法です。インターネット上のサイトでは、太陽光発電だけではなくさまざまな商品の価格調査を行うことができます。

 

太陽光発電特設ページなどでは国内外の主要メーカーについて特徴をしっかりと説明しています。実は太陽光発電のメーカーにはかなり特徴が現れていて、これをまず抑える必要があります。一見、太陽光発電は全て同じようなものに見えてしまうかもしれませんが、メーカーの強みは発電効率や保証面・発電面積などさまざまな面に影響を与えてきます。

 

太陽光発電 導入の基準となる考え方の例

  1. 地方の家は土地だけでなく屋根も広い家がたくさん存在します。
  2. つまり地方の家では屋根だけでも発電面積を広く取れるということになります。
  3. 発電面積が取れるということは発電効率よりも総発電量とシステム全体での予算が自分の懐に見合ったものになっているかで見ることができます。